完結

永遠に生きるための唯一つの方法

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2021年9月16日

永遠に生きるための唯一つの方法

第1章 「永遠に生きる」ための唯一つの方法

 時々、故人が遺したものを見たり、聞いたり、読んだりしているときに、その人が今は「死んでいる」という事実を受け入れ難く感じたことがある。
「生きている」と感じるからだ。

 故人が書いた小説、特に一人称の語り言葉なんかで書かれているものやエッセイは、まるで故人が私の頭の中に直接語りかけてくれているような、息遣いすら感じるような、強烈なリアリティを感じる。
 私たちに|生命《いのち》がある限り、誰一人として、肉体の「死」から逃れることはできない。
 そんな当たり前のことを、「魂」と呼ばれるような、信じるものと信じないものに二分されるようなことを用いてあえて語るとしたら、肉体に宿る「魂」の死が訪れるのは、「誰にも…

もくじ (1章)

  • 第1章 「永遠に生きる」ための唯一つの方法 第1章 「永遠に生きる」ための唯一つの方法

    第1章 「永遠に生きる」ための唯一つの方法

    2021年9月16日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

11

リアクション

22

関連作品

このページの内容について報告する