完結

エリート描写マン

コメディー・お笑い

更新日:2021年9月17日

エリート描写マン

第1章

――たこ焼きはうまい。
  まるで、味付けたトロトロの水だ。





俺はエリート描写マン。
タンケツに言えば、
生きている最中ずっと心の中で描写している小説人間だ。

あまりにもタンケツすぎて……ん?
タンケツ……端的、簡潔……あぁ、この2つの熟語が混ざっていた、
箱の中身くらい混ざっていた、例の箱の中身くらい混ざっていた。
まあ今日は端的にと言わせて頂こうか、
端的に言うと俺はエリート描写マンなのだ。

スッと耳お馴染みのある文章で、描写力あるねぇ、なのだ。
そういうわけだから、よろしくお願いしますなのだ。

どうだ、
俺は小説人間だろう。

普通の青年はそんな脳内で描写しないだろう、
というところまで俺は描写しているだろう。

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月17日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

15分

コメント

0

リアクション

0

関連作品

このページの内容について報告する