ボクの白い夏

恋愛

更新日:2021年9月17日

ボクの白い夏

第1章 序章

『躓く石も縁の端』ということわざがある。

 偶然つまずいた路上の石にさえ、その人とは何かの因縁がある。
 世の中で出合うことはすべて、不思議ななんらかの縁で結ばれているということ

 それは人と人だけでなく、人と物、人と経験などすべてに関して言えることなのだという。
 深いか、浅いか、それぞれのつながりは違うけれど、それでもすべてはつながっている。

 あの夏、あの日に出会った彼女はいったい何者だったのだろうか?
 彼女とはなんらかの縁で結ばれていたことは間違いない。
 それがなにの縁かはわからないけれど、一つだけ確かなことがある。

『ボクはあの夏を忘れない』

もくじ (10章)

  • 第1章 序章 第1章 序章

    第1章 序章

    2021年9月17日

  • 第2章 1 第2章 1

    第2章 1

    2021年9月17日

  • 第3章 2 第3章 2

    第3章 2

    2021年9月17日

  • 第4章 3 第4章 3

    第4章 3

    2021年9月17日

  • 第5章 4 第5章 4

    第5章 4

    2021年9月17日

  • 第6章 5 第6章 5

    第6章 5

    2021年9月17日

  • 第7章 6 第7章 6

    第7章 6

    2021年9月17日

  • 第8章 7 第8章 7

    第8章 7

    2021年9月17日

  • 第9章 8 第9章 8

    第9章 8

    2021年9月17日

  • 第10章 9 第10章 9

    第10章 9

    2021年9月17日

作品情報

小学四年生のボクが出会った少女
お互い名前もしらない。
そんなふたりがともに過ごしたあの夏
あの夏の物語

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

26分

コメント

1

リアクション

40

関連作品

このページの内容について報告する