完結

秋の旅短歌

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年9月18日

秋の旅短歌

第1章

 今日はアマタツ県へ、一人で旅行へ行く。
 俺は旅中に短歌を詠むことが趣味だ。
 車を運転しているので、ボイスメモに短歌を残していく。
 さて、今日はどんな旅行になるか楽しみだ。

【道・田舎】
 まずは田舎道を走っていく。
 何故なら俺が田舎に住んでいるからだ。

水筒のアツアツごぼう茶熱すぎてただただスチーム吸ってる時間
自販機は田舎のコンビニ人が来る猛スピードで踏み込み止まる
縁石に座って休むおばさんがめちゃくちゃ邪魔で本当危ない
舐めるなとアクセル踏んでくるジジイ田舎道ではこれが普通だ
デカ過ぎて戦車みたいな稲刈り機米粒落とさぬバトルをしている
土地あって田舎だからかデカ車だけども思う田舎のくせに
犬連れてマスクしないで意…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月18日

作品情報

4年間弱、実際に旅先でしたためた短歌を再構築して物語にしました。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

11分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する