完結

ひとめぼれ

恋愛

更新日:2021年9月18日

ひとめぼれ

第1章

ひとめぼれ

ひとめ見ただけで夢中になる、つまり恋をするということ

その外観に惹かれてしまう
そう、見えている情報
見えている一番表面の薄皮部分
視覚だけが恋をする

その存在を見たあの日、僕の視覚は恋をした



入学式の日、誰もが友達を作りたいと、うわべだけでもニコニコを演じていたあの日


窓辺の席で、少女が小説を読んでいた

飾り気のない
きゅっと絞ったポニーテールの黒いゴム
潔さのある
黒縁のスクエアの眼鏡
どこにでもいそうな少女

ただ、違ったのは
まばたきすらもったいないとばかりに真剣な表情を見せ、左手の細くしなるしなやかな指で、優しくも力強くページを開き、右手は口元をゆるやかになぞらせる。



ときおり頬を上気させる
物…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月18日

作品情報

次の企画に参加しています。
【読むを彩る ブックカバーの物語】
https://monogatary.com/story/262094

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

1

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する