完結

先生がくれた二度の転機

お仕事

更新日:2021年9月19日

先生がくれた二度の転機

第1章

 好きこそ物の上手なれ、ということわざがある。
 好きなことは一生懸命に取り組むから、自然と上達していくという意味だったと思う。

 私の場合、それは絵を描くことだった。

 幼い頃から絵を描くことが好きで、暇さえあれば画用紙やノートに落書きをして遊んでいたし、自分で漫画のようなものを描いて、友達に見せたりしていた。

 もはや生活の一部に絵を描くことが組み込まれていたので、自然と絵も上手くなった。
 小学校の絵画のコンクールで賞状をもらったことは何度もあるし、大学時代に同人誌を発行して販売した際はすぐに完売した。

 それでも、まだ私の中には好きという気持ちしかなくて、絵で食べていきたいという野心はなかった。

 大学3年…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月19日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

5分

コメント

3

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する