鬼還の森

ホラー・サスペンス

更新日:2021年9月20日

R-15

鬼還の森

第1章 奇門遁甲




 雅やかに散っていく花びらたちが、しんしんと降り積もっていく。桜塚の木々たちは、その身に吸い上げた毒を浄化しながら、ただひたすらに白だけを吐き出していく。

 つかみ取った晴明判紋を破り捨ててから、奥寺品子は苦虫を噛み潰した。相応の術者である事を自負していた品子にとって、小さな塚森から抜け出せないことは耐えがたい屈辱だった。かれこれ一時間以上は結界の中を彷徨っただろうか。潜らされたのは杜門だ。

 「カーキのミモレ、お気に入りだったんだけどな…」

 泥にまみれたスカートは、あちこちが解れて再起不能の様相だ。ブーツを履いてきたのがせめてもの救いか。ピンヒールなどでは一溜まりもなかった。
 斜面を転げ落ち、シダを…

もくじ (4章)

修正履歴
  • 第1章 奇門遁甲 第1章 奇門遁甲

    第1章 奇門遁甲

    2021年9月20日

  • 第2章 紅い名刺 第2章 紅い名刺

    第2章 紅い名刺

    2021年9月20日

  • 第3章 羅盤 第3章 羅盤

    第3章 羅盤

    2021年9月20日

  • 第4章 公安零課 第4章 公安零課

    第4章 公安零課

    2021年9月20日

作品情報



人は、悲しまずには生きていけないのか。

絶え間無い憂愁に胸を切り裂かれ、醜く膿を吐き出すことしか出来ないのだろうか。

充ち満ちた現し世の理不尽は、時を選ばず、場所を選ばず、

いつしか災厄となって誰彼のもとへ降っていく。

抗うことは許されない。

一片の例外も許されず、人々は憎悪の波に飲み込まれていく。

物語へのリアクション

お気に入り

10

読書時間

30分

コメント

27

リアクション

134

関連作品

このページの内容について報告する