完結

買い物の天才

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年9月21日

買い物の天才

第1章

 おっと、もうこんな時間じゃないか。いつの間に。

「しまった、もう帰らないと」
「あれ、今日は早いんですね。珍しく」
「ええ、息子の誕生日なもんで。じゃあ、お先!」

 同僚に軽く返事をしながら、足早に職場を後にする。

『退勤時間を記録しました』

 ゲートを通る瞬間、ピッ、と軽い電子音と共に視界の隅に文字が浮かぶ。携帯端末とゲートの通信により、自動的に勤務時間が記録された証拠だ。初めこそ物珍しかったこの網膜投影コンタクトの表示も、今やほとんど意識することは無い。
 ビルから出ると、まだ日暮れ前なのに妙に薄暗い。ふと見上げれば、空は一面の曇り空。

「ひと雨来そうだな……」

 生憎、今日は折り畳み傘すら持っていない。降り出す…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月21日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

9分

コメント

4

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する