完結

指輪物語 ~離婚version~

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年9月22日

指輪物語 ~離婚version~

第1章

日焼けの後が残るほど
ずっと一緒にいたはずなのに
心が満たされなくて…

一度はめた指輪は
指に馴染んで離れない
あなたはそう…
私はなぜか取り外せるよう
サイズ変更したりしてた

この日が来ること知ってたのかな
この日を来ること待ってたのかな

私はすぐに外せる
なのに
指から離れるプラチナの重み
生活の為に戻す指輪
全てを捨てる自信がないの

見えない赤い糸の指輪
待ちきれなくて受けとった指輪
愛の感じない生活の中
ふと考えたくなる
この指輪をはめ続ける意味を…

離婚指輪になるのなら
初めから買わなきゃ良かったのに
当たり前にされた私は
どこか淋しいまま…
箱の中に閉じこもる

この箱から出して欲しいと想うほど
複雑に張られた蜘蛛の糸

私は安定…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月22日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

2

リアクション

19

関連作品

このページの内容について報告する