完結

片割れ

恋愛

更新日:2021年9月22日

片割れ

第1章


「給料の5ヶ月分だぞ。奮発したんだ!」

 そう言って指輪をくれた。
 ガラスケースの中で1番光って綺麗だったけど、予算オーバーだからって諦めたはずの指輪だった。

 自分だってお金なんかないくせに。
 きっと、色んなことを我慢してお金を作って買ってくれた。本当に優しいひとだった。

 この指輪が黒ずんで汚くなる頃には、あなたは居なくなってしまったけれど。

 この指輪には罪はないから。
 朽ちてボロボロになるまで、私が大事にしてあげる。

 あなたを大切だと思っていた昔の私を、大事に抱えていてあげる。
 居なくなった片割れの指輪の代わりに。

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月22日

作品情報

指輪をつけるのは苦手です。
手が動かし辛くなる気がするので。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

10

関連作品

このページの内容について報告する