完結

拝啓

恋愛

更新日:2021年9月22日

拝啓

第1章

拝啓
 中秋の名月が過ぎ、すっかり秋。
もう夏を惜しんでもいられなくなりました。
いかがお過ごしでしょうか。
私たちが別れたときも、ちょうど秋風が吹いていましたね。
あれから一年。
時がたつのが随分早いように感じています。

そこまで書いて、私は顔を上げた。
机の右側の窓から月が覗いている。
雲一つない。
良い月夜だ。
陰りのない月の下に輝くのは、可憐な宝石をつけた指輪。
彼にもらった結婚指輪だった。
もう忘れてもいいはずなのに。
私は笑みを浮かべる。
クスッと笑ってみると、自分の声が気まずく響いた。
最後まで、貴方は意地悪だ。
彼の暖かい手も、不器用ないたわりも。
忘れようと思えば忘れられる。
もうほとんど忘れたようなものだ。

もくじ (2章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月22日

  • 第2章 第2章

    第2章

    2021年9月22日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

2

リアクション

21

関連作品

このページの内容について報告する