堕ちた指輪

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年9月23日

堕ちた指輪

第1章 幻想

私は左手の薬指から指輪を抜き取り、彼に返した「離婚指輪」として。
 
彼と出会ったのは、私が企業カウンセラーとして入った会社でのことだった。
 
半年に一回、全社員のメンタルカウンセリングを行っている。
 
勿論、カウンセリングが必要な社員には、週1度、あるいは都度と言う風に対応している。
 
彼とは少し悩みがあった時期に、都度セリングを行っていたのがきっかけになった。
 
相談を受けているうちに、彼の中に入ってしまったのだ。勿論、容姿が好みであったのも事実。
 
そのうちに、社外、プライベートでも話を聞いたりするうちに離れられなくなってしまっていた。
 
それを、私が恋と勘違いしていたのかも知れない。
 
桜が舞う春、向日葵が揺れ…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 幻想 第1章 幻想

    第1章 幻想

    2021年9月23日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する