完結

星移り、秋

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年9月25日

星移り、秋

第1章

今夜は星月夜だ。
中秋の名月から、半月ほどが経った。
虫の声も少なくなっている。
僕は草原に寝転んで、星を眺めている。
夜に出歩く、ということには眉をひそめられるかもしれないが、家出なんて言う大したものではない。
勉強部屋の窓から抜け出してきたのだ。
受験生になった瞬間、勉強、勉強。
それ以外してはいけないとでも言われているようで息苦しい。
とうとう逃げ出してきてしまった。

「草枕の 我にこぼれぬ 夏の星」

不意に思い出した俳句を口ずさんでみる。
正岡子規だっただろうか。
子供のころ、俳句好きな幼馴染に叩き込まれた知識はもう随分薄れて来ていた。


彼女と僕は、近所の子供たちの中で浮いていた。

僕は周りより幼かったから。

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月25日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

10

関連作品

このページの内容について報告する