完結

星の子

エンタメ・カルチャー

更新日:2021年9月25日

星の子

第1章

 「星詠みの少女」といえば、与謝野晶子しか浮かばないほど、詩歌の世界には詳しくない。
 正直に言えば、与謝野晶子の、情熱とか、あの時期における表現の立ち位置とか、すごいと思うことはたくさんあるけれど、歌集をちゃんと読んだかといえば、さほどでもない。

 たぶん、だけれど、「みだれ髪」に象徴されるような、情熱というか、イメージというか、心情の吐露というか、そういう類いのものは、短歌という形式には本来そぐわないもののように思う。どんなに近代の短歌が「連作」という形で再生を試みたにしても、一首、一首の、歌のことばは、凝縮されていく必要があるし、「みだれ髪」で描かれている言葉は、いくら連作ということを割り引いて…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月25日

作品情報

与謝野晶子の話

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

8分

コメント

0

リアクション

10

関連作品

このページの内容について報告する