完結

さよなら、サクラちゃん

更新日:2019年4月16日

さよなら、サクラちゃん

第1章

ある晴れた春の昼下がり。
今年も満開だ。
一本の大きな桜の木の前に三脚を立て、僕はカメラをセットした。
僕はカメラマンだ。
カメラを買って、はじめて撮ったのはこの桜だった。それから必ずこの桜の花を撮影している。
でも、それも今年で最後になりそうだ。
何故なら、この桜は切られてしまうから。
今桜の木がある場所に、マンションが出来る事になってしまったのだ。
最後の姿をしっかりと記録しなくては。
「よし」
三脚にカメラをセットし終えたちょうどその時、強い風が吹いた。
桜の花びらが沢山舞い散り、僕の視界を塞いだ。
風がやみ花びらが地面に落ちた後、桜の方を見ると一人の女性が桜の前に立っていた。
綺麗な女性だ。
うっとりと女性を…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年4月16日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する