強敵

コメディー・お笑い

更新日:2021年10月3日

強敵

第1章 瞬間移動

私の目の前に、倒したはずの奴が現れた。
 
再生したのか?以前私が倒した時ほど弱いはずはないだろう?
 
私はパンチを繰り出した。「えっ?」
 
私のパンチは見事に奴を捉え、奴は吹き飛んだ。
 
その瞬間だった。奴の放った言葉に再度「えっ?」
 
「やるじゃねえか?今日は、このくらいにしておいてやらあ!」
 
そう言い残して奴は、走り去った「えっ?」
 
奴は高速で走り去り、まるで透明のように私の目で追いきれない早さだった。
 
「し、瞬間移動なのか?まるで、透明みたいに見えない」(;・∀・)
 
逃げ足だけは速い奴だった。「恐るべしは、奴の逃げ足」(-_-;)
 
それから、奴は#透明高速と呼ばれるようになった。
 

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 瞬間移動 第1章 瞬間移動

    第1章 瞬間移動

    2021年10月3日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

10

関連作品

このページの内容について報告する