完結

袖振り合うも……

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年10月11日

袖振り合うも……

第1章

いつものとおり遅い出勤をして、朝よりは空いた電車に乗り込む。
隣の人と少し間隔をあけて座った。
ポケットからスマホを取り出しながら向かいの席を見る。
ほとんどの人がスマホを見る中で、若い女性が文庫本を読んでいる姿が目に留まった。
表情からは暇つぶしではなく、夢中で読んでいるのが分かる。
ふいに彼女の瞳が潤み、一筋の涙がこぼれた。細くて白い指で、それを拭う。
私はスマホ越しに盗み見たことに罪悪感を抱いた。

何を読んでいるのだろう……

文庫には小さな花柄のカバーがしてある。
胸の辺りで本を持ち、パラり、パラりとめくっていく。
彼女の周りだけ音が消え、違う空間のような気がした。

降りる駅に着いたので立ち上がりドアに向う…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年10月11日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

2

リアクション

16

関連作品

このページの内容について報告する