完結

父の進化論

SF・ファンタジー

更新日:2021年10月12日

父の進化論

第1章

20XX年、日本の法律はある組織の暗躍により、悪い方へと改竄された。
それは、「殺人」という罪の抹消だった。

気に食わない人間を殺しても赦される。
目があったのを理由に殺しても赦される。
そんな世界を望み、暗躍したのは、日本という平和ボケした国を実験場にしたかった僕の父だった。

父の夢は、人類の進化。
「平凡な日常の中では、人類は次のステージには進めない。」
それは父が、僕に口煩く言っていたセリフだった。

父は、日本という国の中で、平和に過ごしていた人からすれば圧倒的な非日常な空間を作り上げた。
それは血で血を洗う、まさに地獄だった。

温厚な人でさえ、誰かに殺される前に、誰かを殺す。
横暴な人間はさらに横暴にな…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年10月12日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

2

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する