完結

きみは怪獣

SF・ファンタジー

更新日:2021年10月13日

きみは怪獣

第1章 1 かいじゅうが来た

 ある日、ぼくの家に怪獣がきた。

 大きな水槽を設置するおとうさんにぼくは尋ねた。

「ねえ、それなに?」

 おとうさんは水槽の中へ空気を送る機械の調子を見ながら、背中で応えた。

「ここにね、怪獣を飼うんだ」

 怪獣。

「怪獣って絵本に載ってたあの、うろことかはえてるやつ? 炎を吐いたり」

 問いかけたぼくを振り返ららず、おとうさんはくくっと肩を震わせる。

「炎は吐かないなあ。ただとっても綺麗な怪獣だよ。だから、仲良くするんだよ」

 なにかわからないけれど、おとうさんが楽しそうなことにぼくはほっとした。

 設置された水槽の中に水が満たされる。続いて怪獣がおとうさんによってそうっと水槽の中へ放された。

 その怪獣には色がなかった…

もくじ (2章)

  • 第1章 1 かいじゅうが来た 第1章 1 かいじゅうが来た

    第1章 1 かいじゅうが来た

    2021年10月13日

  • 第2章 2 君と僕 第2章 2 君と僕

    第2章 2 君と僕

    2021年10月13日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

13分

コメント

37

リアクション

70
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する