完結

人間、襲来

SF・ファンタジー

更新日:2021年10月20日

人間、襲来

第1章


遠くから、いくつもの銃声が、絶えず聞こえてくる。
夜空の闇が赤く燃え上っている、街の中心部の方角だ。

「こっちだ! ミク、早く!」

前を走る普段とはまるで形相が違う父と母に、つい三十分前まではベッドで眠りについていたミクは、わけもわからず必死でついていくしかなかった。

「あなた、どこまで行くの? みんな避難場所に向かっているのに」
「人が集まるところは狙われるかもしれない。西の森を抜けて、隣街まで逃げたほうがいい」

ミクたち三人は、街はずれの森までたどり着いた。昼間は木の実を拾って遊んでいた森は、不気味な静寂に包まれている。しかし、今背にしてきた、突然の襲撃者に蹂躙されつつある街よりは、いくらかマシなのかも…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年10月20日

作品情報

休戦協定を反故にして、突如『人間』たちは侵略を開始した。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

6分

コメント

4

リアクション

32

関連作品

このページの内容について報告する