完結

彼女はいつもビニール傘をさしている

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年10月21日

彼女はいつもビニール傘をさしている

第1章

 真由子は席についてから料理が運ばれてくるまでの約15分間、職場の同僚の愚痴を言い続けた。この話をするために私をランチに誘ったのかと思うと何だかうんざりとした気分になった。

 上司がどうだの、同期の女がどうだのという話を延々と聞かされると、相づちのバリエーションも底をつき、10分も経つと私は歩く鳩のように不器用に首を動かすだけになっていた。

 店員が料理を運んできて、ようやく彼女の愚痴は終わり、私も首の動きを止めることができた。

「おいしそ〜」

 と真由子は言いながら、スマホで写真を撮る。写らないようにとピンと伸びた指先の爪が照明に照らされたきらりと光っていた。

「そういえばさ」

 お互いに料理を7割ほど食べ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年10月21日

作品情報

タイトル先行の作品です。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する