夢十三夜

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2022年1月3日

夢十三夜

第1章 第一夜 オセロ

 夢を見た。

 私はいつしかの記念日にもらった黄色いセーターを着ていて、家のリビングで、一人でオセロをやっていた。今のところ白と黒がトントンである。

 パチンパチン、パチン。白黒、白。

 私は、何故一人でオセロをやっているのか分からなかった。楽しくも退屈でもなく、ただ息をする様に私はオセロを打ち続けた。夢だからだ、と私はどこかで納得していたのだろう。
 パチンパチン——

 あれ、と思った。
 突然、黒いオセロを持っていた指に誰かの指が触れた。

「せーんぱい」
 そして懐かしい声がする。声だけでは輪郭がはっきりしないが、それでもこの声は確か・・・・・・
「先輩、お疲れ様です。手伝います」
 ああ、このセリフは、ポニーテールを揺…

もくじ (4章)

修正履歴
  • 第1章 第一夜 オセロ 第1章 第一夜 オセロ

    第1章 第一夜 オセロ

    2021年10月23日

  • 第2章 第二夜 千鳥 第2章 第二夜 千鳥

    第2章 第二夜 千鳥

    2021年11月3日

  • 第3章 第三夜 またたき 第3章 第三夜 またたき

    第3章 第三夜 またたき

    2021年11月28日

  • 第4章 第四夜 根付け 第4章 第四夜 根付け

    第4章 第四夜 根付け

    2022年1月3日

作品情報

夢を見た。私はそれを書き留めた。
———
十三夜まで行きたい。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

19分

コメント

4

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する