完結

パパさいてい

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年10月27日

パパさいてい

第1章

 5歳の娘と少しムキになって喧嘩したら、とんでもない言葉が飛び出してきた。

「パパさいてい」

まんまるで黒目がちな目がキッとこちらを睨んでいる。
 最低。最も低いと書いて最低。

 なんてことだ。可愛い愛娘が、なんだってそんな言葉を知っている。どこで覚えてきた?

 いや、そんなことより。手塩にかけて可愛がっている娘がオレを最低と言った。最も低い存在だと言ったぞ。

オレはすぐさま台所に立つ背中に語りかけた。

「ユリ! カエデが最低なんて言葉覚えてるぞ」

ユリは野菜を炒めながら気のない返事を寄越した。

「保育園で最近覚えたらしいよ。気に入ってよく使うの」
「5歳児にそんな言葉使わせるなよ」
「仕方ないじゃない。覚えちゃったんだ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年10月27日

作品情報

大切な人には、大事な言葉を。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

5分

コメント

0

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する