完結

パブの中、太陽の下

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年11月7日

パブの中、太陽の下

第1章

 彼女の名前が耳に届いた途端、血液が急流のように体を駆け巡った。異国のパブのざわめきの中、彼女がまた僕の人生に現れるなんて想像もしていなかった。酔いが覚め、汗ばむくらいの熱を感じると、この場所が断崖絶壁のように思えて、僕はカウンターに置いていたシードルの瓶を強く握った。
「今、何て言いましたか」
 僕に突然話しかけられた男二人が振り返った。一人は短髪でガタイがよく、もう一人は長髪でギターが似合いそうだった。
「なんだって?」
 長髪の方が僕に聞いた。
「今、何て言いましたか」
「バンドの話をしてただけだよ」
 短髪が答えた。
 僕は彼女の名前を口に出し、大学の頃の友人だと伝えた。
「なんでわかる? 同姓同名かも」
 長…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年11月7日

作品情報

異国のパブで、大学の頃の友人の名前を偶然耳にした。彼女は僕の唯一の女友達で、もう二度と会えないと思っていた人だった。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

19分

コメント

4

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する