完結

赤ちょうちんの恋

更新日:2019年5月14日

赤ちょうちんの恋

第1章

ある平日の真夜中。
街灯の少ない夜道に、赤い提灯にホンワリと灯りをともす店があった。
小さな町の酒屋『赤ちょうちん』。
仕事帰りの私は、引き寄せられるようにドアを開ける。
「いらっしゃい、たぶっちゃん」
小さな店内には所狭しと沢山の種類の酒が並ぶ。
その一角にカウンターがあり、店主のショータがいて人懐っこい笑みを向けた。
その笑みにつられて仕事終わりで固まっていた私の表情もほにゃーっとゆるむ。
「あれ、今日はお客は私だけ?」
「うん、ゲンさんたちはもう帰ったよ」
「そっか、残念。飲みながら話したい気分だったのに」
そう言って私はショータと向かい合うようにカウンターに立つ。
「俺一人だと話相手として不満?」
「そんな…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年5月14日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

6

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する