完結

呂尚(ロショウ)君と風露(フウロ)さんの話

その他

更新日:2021年11月14日

呂尚(ロショウ)君と風露(フウロ)さんの話

第1章 恋文

(君への手紙を誰にも気付かれずに書くには、この時間しかない)

キョロキョロと辺りの様子を確認した僕は、こっそり部屋から抜け出した。

ここから数100メートル程行った所に、開けた台地がある。

そこは言うまでもなく、数えきれない星々が“我を見よ”と言わんばかりに輝いていた。

前もって呂望(リョボウ)さんに訊いておいたやり方を、まるで呪文でも唱えるかのように、口の中で言葉を転がしてみる。

一通り練習が終わり、僕はスーッと音を立てずに、濃紺色に包まれた満天へと瞳を向けた。

「君は星読みだから、受け取れるよね?」

そう言って、次に僕は心の中に浮かび上った不安を掻き消す為、そう強く願ってから天を指差す。

そして、君…

もくじ (1章)

  • 第1章 恋文 第1章 恋文

    第1章 恋文

    2021年11月14日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する