顔貸しな

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年11月19日

顔貸しな

第1章

彼女の待つレストランに急いでいる。
なにせ、今日は特別な日だから、遅れるわけには行かない。
指輪のケースを入れた、スーツのポケットを確かめながら、入り口近くの角を曲がった。

進めない。

肩を掴まれてる事に気付くのに、数秒かかった。
振り向くと、どこかで見たような男が立っていた。

「ちょっと、付き合ってくれるかな。まあ、時間は取らせないから」
俺を引っ張る力は、どうにも抵抗できないレベルだ。そのまま、引きずられるように、隣の雑居ビルの階段へと連れて行かれている。

あ。

思い出した。

この男、彼女の元カレだ。
裏稼業がどうとか、仲間がどうとか、彼女が言っていたな。

この部屋、何。
どこ行くんだ、扉を締めてどうするんだ。

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年11月19日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する