完結

全ての体育教諭に告げる。

スポーツ

更新日:2021年11月21日

全ての体育教諭に告げる。

第1章

「体育の授業が、持久走とか、100m走とか、ドッジボールとか、バレーボールとか、跳び箱とか、鉄棒とか、ハードルとか、走り幅跳びとかじゃなくて、ZUMBA、フリースタイルダンス、トランポリンや、格闘技エクササイズだったら、好きになるのに、腹筋ぐらい、ノリの良い音楽かけて楽しくやらせてよー。ラジオ体操ダサすぎー。」

「大体、スポーツテストなんてあり得ない、何の意味があるの?対前屈なんか、今の方がよっぽど出来るし。」 

もし、学生に戻れたら、
先生達に投げつけてやりたいぼやきでした。


いやその、情け無い事に、
ただ運痴なだけ(特に球技が)なのですが💦

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年11月21日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

1分

コメント

4

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する