完結

空洞問題

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年11月27日

空洞問題

第1章

〈空洞〉
には何があって
彼を苦しめるのか?
置きざりにされた過去
「そのような事実は
認められませんでした」

ならば

球体に閉じ込められ
一体どこなのか
わからなくなったのです

玩具です
カラフルな
はい
さっきまで
ありました、では
どこへ
母は、一体どこへ

球体から見える
燃えあがる恒星を
空洞に
焼き付ける
極小のワレワレの球体
許されよ
混沌!



☆お知らせ☆
こんにちは。
この度、心境の変化があり、この連作詩の続きはnoteに場所を移して続けていくことに決めました。
この連作をここまで読んでくださった皆様、リアクションやコメントをしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年11月27日

作品情報

作品5

物語へのリアクション

お気に入り

3

読書時間

1分

コメント

24

リアクション

25

関連作品

このページの内容について報告する