完結

颯爽と、丸ノ内

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年11月28日

颯爽と、丸ノ内

第1章

 
 
 
 席くらい譲れないでどうする。
 
 そう自分に言い聞かせながら、私はまた視線を下に向けた。左隣には初老の女性が席についていて、彼女の前には彼女に席を譲ったスーツ姿の男性がつり革を掴んで立っている。男性は恐らく三十代の半ばほどで、爽やかなブルーのスーツを丁寧に着こなしていた。電車は新宿三丁目を発車して、暗闇の中をゆっくりと進んでいく。
 
 どうぞ、と言った彼の声が頭の中に残っている。初老の女性が車内に乗って来たことに気が付いた彼は迷うことなくその席を譲った。親切心をひけらかすような厭らしさはそこには無く、女性もまたその真心を真っすぐに受け取ったようにお礼を告げて私の隣に座った。座ったまま下を向いていた私は彼…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年11月28日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

4分

コメント

6

リアクション

39

関連作品

このページの内容について報告する