完結

ほんのできごころです

SF・ファンタジー

更新日:2021年11月29日

ほんのできごころです

第1章

悪魔が人間の姿を借りて駅周辺に潜伏しているという情報をつかんだ、天使の私は駅に急行すべくタクシーに乗った。

「駅までお願いします」
「お急ぎですか?」
「まぁ、そうですね」
「承知しました」

タクシーは高速の入り口へと向かっていた。確かに高速を使った方が速く行けるが、距離も短いしそれに高速料金がかかる。

「すいません、急ぎますけど高速は使わなくても結構です」
「高速代は要りませんからご安心ください」
「でもそれじゃ」
「お互い内緒にしておけばよろしいじゃないですか」
「そうですか、ご親切にありがとうございます」
「ほんのできごころです」

悪魔との対決を前に緊張しているのか喉が渇く。するとその絶妙なタイミングで運転手…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年11月29日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

9

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する