完結

あの頃を偲んで

コメディー・お笑い

更新日:2021年11月30日

あの頃を偲んで

第1章

帰宅して1番に目に飛び込んできたのは、妻を睨みつける義妹と、ちゃぶ台を挟んで対面に座り項垂れる妻だった。
それは、まぁ、ある意味衝撃的な光景ではあった。

そっと部屋に入ると、すかさず義妹(妻の妹)が鬼の形相でこちらを見る。
「おかえり!」
聞こえるか聞こえないかくらいの小声で、ただいまと言ったつもりでいたが、義妹には聞こえていたらしい。
義妹の言葉に顔をあげた妻は茹で蛸のように真っ赤な顔をしていた。
「あ、あの、これはどういう…」
恐る恐る状況を聞き出した俺の言葉を遮るように義妹がドスの効いた低い声で一言吐き捨てた。
「見ればわかるでしょ?」
うん。愚問でした。見れば大方分かります。なんせ目の前には破れかけた…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年11月30日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する