完結

アナスタシアの羽根

恋愛

更新日:2021年11月30日

アナスタシアの羽根

第1章

そこは静かな天空の森。
大きな平和に包まれ、月が欠伸をするほどゆったりと流れている時空です。
そこでアナスタシアは産まれ育ちました。

✴︎✴︎✴︎

ある時期になると、地球が賑やかな灯りに包まれることを子供の頃から知っていました。
今年もその時が来たようです。
「お父様、地球では今何が起きているのでしょうか?とても美しい灯りに包まれていますね。」
「アナスタシア。地球にはクリスマスというのがあるのじゃ。聞いた話しでは、もみの木に装飾をし、家族で特別な食事、クリスマスディナーを食べ、プレゼントをあげたり貰ったりとするそうじゃ。まぁー国によっては違うようじゃが。」
「…ふーん。地球に行って見てみたいわお父様!」

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年11月30日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

7分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する