完結

そういう事か。

その他

更新日:2021年12月6日

そういう事か。

第1章

「ほうかご、残ってもらっていいですか?」

こんな手紙が机に入っていた。

ドキドキ、ワクワクしながら待っていたが、一向に何も起こらない。

タチの悪いイタズラだ!

そう思いながらの帰宅途中

家の近くの自転車置き場が燃えており、人で沢山溢れていた。

火はすぐに消されて事なきを得たみたいだ。

僕は好奇心で暫くその場所で、他の野次馬と混じって

状況を見ていた。

ある人が言っていたが、

どうやら放火らしい。

放火かー…物騒だな……

考えていた時に今日の手紙を急に思い出した。

手紙の「ほうかご」が平仮名であった事に。

その時、

目撃者と思われる学生が、僕を指差して

「あの人が犯人だ!」

と叫んだ。

あー、そうかーアレは「放課後」じゃ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年12月6日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

16

リアクション

36

関連作品

このページの内容について報告する