完結

勇者の乗り物

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年12月8日

勇者の乗り物

第1章

日比谷線のホーム。
南千住の駅は、地下鉄ながら、ホームが地上にあり、屋根の隙間から青空がみえる。
私は毎朝、電車を待つ間、ぼんやりと青空をみていた。
なるべく何も考えないように。心を空っぽにして、視界いっぱい青空にする。
スーツの堅苦しい着心地も、ネクタイの息苦しさも、肩にかかるカバンの重さも全て忘れて、深い深い青空に浮かんでいるような気持ちになっていく。
やがて、銀色の電車がゴーゴーと音を立ててやってきた。
サービス業であるため、早朝の出勤なのだが、それでも、そこそこ混んでいる電車に乗り込んだ。
くるりと姿勢を変えて、窓の外をみられる位置に立った。
発車して、ものの何分も乗らないうちに電車は地下へと吸い込…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年12月8日

作品情報

地下鉄のホームで電車を待つ日常風景。
変わらぬ通勤電車の中でも、主人公の心は冒険の旅にでる。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

4

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する