完結

地下鉄の景色

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年12月9日

地下鉄の景色

第1章

「たっくん、今日は電車に乗ろうね」
小さな手を握りながら、駅までの道をのんびり歩く。
家を出る前は、ベビーカーに乗せるか少し迷った。
せっかくいい天気だ。抱っこの方が何かと身軽だし、息子もだいぶ歩けるようなった。
眠ってしまったときだけ、抱っこ紐でがんばればいい。
そう思い、二人でのんびり歩いていくことにした。
春。桜の蕾がほころびはじめ、可憐なピンク色と青空のコントラストが眩しい。
「たっくん、お花きれいだね。これからどんどん咲くよ」
のんびり話しかける。
「うん。きれい!」
息子は嬉しそうに、ぴょんぴょんと飛び跳ねながら歩いていた。
大きくなったなぁ……
何気ない会話ができること。
この喜びが、しみじみと心に広が…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年12月9日

作品情報

日比谷線に乗り込む親子。
母親と息子が、暗い窓の外の景色を見ながら思うこと

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

2

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する