完結

ある定期券のおはなし。

青春・学園

更新日:2021年12月9日

ある定期券のおはなし。

第1章




 おーい、誰か、気がついてくれよ。

 呼びかけたって、反応なんてありゃしない。当たり前か、みんな急いでるもんな。

 有楽町線と副都心線が通っているこの駅——小竹向原駅では、毎日たくさんの人が乗り換えのために利用する。

 皆さん初めまして。ぼくはしがない定期券。可愛らしいピンクのケースに入った、ただの、定期券。ぼくの持ち主は、今朝、見事にぼくのことを落っことして、副都心線からそのまま有楽町線に乗り換えて行ってしまいました。まったく、いつも朝同じ時間に会う男の子に見惚れてよそ見してるからだよ。ちなみにぼくはその子の顔は知らない。だっていつもは、学生カバンのポケットに仕舞い込まれているもの。



「あれ?」

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年12月9日

作品情報

ぼくは、しがない定期券。
落としものになってしまった定期券と、それをめぐって生まれる小さな恋のお話。

登場人物はこちらの物語にでてくるおふたりです↓
黄色い線の、内側で
https://monogatary.com/story/317119

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

2

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する