完結

逢いたい

恋愛

更新日:2021年12月11日

逢いたい

第1章

逢いたいと泣き叫ぶ
変わらず笑う君が今も愛しいと
でも、空は何も返事してくれない
5月後半
気象庁から梅雨入りしたとの発表があった
梅雨は、湿度がとてもあり、ジメジメとした空気で雨が降り続く。

今年も雨が降り続く。降りしきる雨には言葉もない。忙しい毎日で、気がつけば君は姿を隠す
いつもは、雨が上がれば、君の居場所を空が照らしてくれる。想定外に強い風が吹いても、ずっと照らしてくれる。そして、照らされたときの君の笑顔が愛しい
何年先も照らし続けてくれると思っていたが
しかし、今年は違った。異様に湿度が高く、僕はイライラした。もう空は君の居場所を照らすことはない。
逢いたいと泣き叫ぶ。
それでも、空は返事をしない

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年12月11日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

2

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する