完結

ここがどこか分からない家族の過程~その記憶思い出しますか?~(予告)

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2022年1月5日

ここがどこか分からない家族の過程~その記憶思い出しますか?~(予告)

第1章 記憶は無い。が、家族ではあるらしい

ジリリリリ…

けたたましい目覚ましの音で、目が覚める。

条件反射で目覚ましを止めて、辺りを見回す。

?「ここは…どこだ?」

ズキッっと頭に痛みが走る。

周りを見回しても、まぁまぁ片付けられている男の部屋ということ以外分からない。
アイドルっぽいポスターがあるから、年頃の男の子の部屋なんだろう。

勉強机の上にある鏡を手に取り、顔を確認する。

この顔に全く見覚えがない。

やはり、そうか、これが記憶喪失というやつだ。
普通、記憶が無くなるともっと慌てふためくものなのだろうが、不思議と落ち着いている。
ここが部屋の中だからだろうか。

恐る恐る部屋の扉を開け、見覚えのない廊下を抜け階段を降りる。

リビングであろう部屋の扉を…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 記憶は無い。が、家族ではあるらしい 第1章 記憶は無い。が、家族ではあるらしい

    第1章 記憶は無い。が、家族ではあるらしい

    2022年1月5日

作品情報

ある日、気が付いたら何も覚えていない。
ここに居る、家族っぽい人たちも、何も覚えていないっぽい。
記憶って、思い出って、無い状態から築いたものとこれまで築いてきたもの。
どちらが大切で、どちらが本物なのか。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する