ぜんまい仕掛けの少女

SF・ファンタジー

更新日:2022年1月3日

ぜんまい仕掛けの少女

第1章 第1話 小説家と聖なる夜

 メリークリスマス!

 外へ一歩踏み出した途端、通りを歩いていた子どもたちが、楽しげにそう言って、ルイの前を通り過ぎていった。近ごろ、執筆活動でずっと部屋に籠もりきりだったルイは、その楽しげな声聞いて初めて、今日が一年のうちでも特別な日だということに気がつく。

 ――そうか、今日はクリスマス。

 確かに、意識して見ると、街ゆく人々は皆どこか浮き足立っているし、あちこちから美味しそうなごちそうの香りがする。扉に手作りのクリスマスリースを掛けている家もあれば、飾り付けされた小さなモミの木を置いている家もあった。
 すっかりクリスマス一色になった街を眺めながら歩いていると、ふと、頬に冷たいものを感じて、ルイは上を向…

もくじ (5章)

修正履歴
  • 第1章 第1話 小説家と聖なる夜 第1章 第1話 小説家と聖なる夜

    第1章 第1話 小説家と聖なる夜

    2021年12月25日

  • 第2章 第2話 小説家と雑貨店 第2章 第2話 小説家と雑貨店

    第2章 第2話 小説家と雑貨店

    2021年12月27日

  • 第3章 第3話 小説家と自動人形ー前編ー 第3章 第3話 小説家と自動人形ー前編ー

    第3章 第3話 小説家と自動人形ー前編ー

    2021年12月30日

  • 第4章 第4話 小説家と自動人形ー後編ー 第4章 第4話 小説家と自動人形ー後編ー

    第4章 第4話 小説家と自動人形ー後編ー

    2021年12月30日

  • 第5章 第5話 小説家と同居人ー前編ー 第5章 第5話 小説家と同居人ー前編ー

    第5章 第5話 小説家と同居人ー前編ー

    2022年1月3日

作品情報

デビュー作を超える小説が書けず、苦悩する小説家ルイは、クリスマスの夜に、不思議な雑貨店を通りがかる。そこで出会ったのは、瑠璃色の瞳に、絹糸のような金髪をもつ世にも美しい少女だった。一目でその少女に魅了されるルイ。しかしその少女には、思いもよらない事情があるようで――?

物語へのリアクション

お気に入り

6

読書時間

24分

コメント

20

リアクション

61
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する