完結

イミテーション・サンタ

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年12月25日

イミテーション・サンタ

第1章

昨年、2021年。
ミクの家には、毎年のように来ていたサンタは来なかった。



2021年12月25日。
「女の子1人……2人か」
サンタは、寒空の下で懸命に数えている。
長い白髪パーマに、銀縁のメガネ、フワっとした白ひげ。
フサフサの眉まで白いおじいさんはブルブルと震えながら、プレゼントではなく交通量を数えている。
「夕方になると、やっぱり目が霞むんだな」
サンタ、本名は大木三太。
大きな体で三段腹のサンタは、冬になると決まってサンタクロースのあだ名で呼ばれる確率が上がる。
4歳になる孫娘のミクがサンタを本物のサンタクロースと認識していることを知ってから、毎年クリスマスにはミクに会いに行くのが恒例行事だ。
「サ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年12月25日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

8分

コメント

0

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する