完結

微睡

恋愛

更新日:2021年12月27日

微睡

第1章

 寝ても覚めても雪国だった。
 雪崩に巻き込まれる……という騒がしい夢から目を覚まし、隣で眠っている存在を起こさないよう、身体を起こして窓の外を見ると、相変わらずの真っ白い住宅街の光景が広がっている。観測史上三本の指に入る降雪量なのだそうだ。布団の中のぬくもりを逃がさないように、すっと身体をすべらせるように布団から出て、隙間のないように元に戻す。我ながら思いやりのある彼氏だと思わないか? ってか思ってくれ。

 ストーブはタイマーで勝手に点くようにしてあるが、たった今動きはじめたばかりで、まだ部屋の中は凍えそうな室温だ。いそいそと風呂場に行き、シャワーを出して、お湯が温まるまでの間で用を足した。彼女に見ら…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年12月27日

作品情報

「まどろみ」

執筆時BGM : ユラユラ / あいみょん

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

13分

コメント

3

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する