完結

かみさまがちからをくれたので よいことをした!

更新日:2019年6月30日

かみさまがちからをくれたので よいことをした!

第1章

かみさまは よのなかのかんりが
だるくなってしまい!

しょうがくせいにちからを
あたえてまるなげした_(:3」z)_


しょうがくせいのおとこのこ
けんじくんは ゆめのなかで
おじいさんにであい

ちからをあたえられた!
すきにつかいなさい ことばはそれだけだった

じぶんはよいこのつもりで
おかあさんのいいつけや
るーるはまもってきた

だが、よのなかはへんなことだらけなので
ちからをつかうことにした

しごともしないでおかあさんをなぐり
かみきれをうばっていく おとうさんをまず
「いなくなっちゃえ」
しょうめつさせた!

おかあさんがやさしくなり
おしごとのじかんがへり
ごはんのりょうがふえた!

けんじくんはかんがえた
じぶんだけがこうふくにな…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年6月30日

作品情報

カミサマが子供にちからを与えた・・

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

3分

コメント

2

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する