完結

大きなお年玉と小さなお年玉

コメディー・お笑い

更新日:2022年1月7日

大きなお年玉と小さなお年玉

第1章

「大きなお年玉袋と小さなお年玉袋、どっちか一つ選べ」

毎年正月にやってくる親戚のおじさんがそういった。

おじさんが俺に見せたのは一つはフツーのお年玉袋だったが、もう一つはパンパンに膨れ上がってたA4サイズのお年玉袋だった。

欲に目がくらんだ俺は「大きいの」と思わず口にした。

俺の妹たちは意外にも小さなお年玉袋を選んだ。

俺が期待に胸を膨らませてお年玉袋の中を確認すると1円玉や10円玉の小銭がギッシリ詰め込まれていた。

一方、妹たちが選んだ小さなお年玉袋には1万円札が入っていた。

あ然とする俺へ、

「はっはっは! 欲をかくから損をする。世の中のセオリーだ。坊主、いい教訓になったな」

とおじさんは笑った。

畜…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年1月7日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

0

関連作品

このページの内容について報告する