完結

誰がため

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2022年1月7日

誰がため

第1章

連れ添って10年も迎えると、いろいろと変わっているもの。
いつまでも新婚のままではいられない。
それでも一つ変わらないものもある。
私たちは、女性はいつまでもいつまでも女性ということ。
“彼女”となろうが、“妻”となろうが、“母”となろうが、女性として魅力的で居続けたいし、それを認めてもらいたい。

彼は何もしなくても「きれいだよ」「かわいいよ」「素敵だね」なんて褒めてくれた。
髪を切れば、気づかないことなんてなかった。

今となっては、メイクを変えても、新しい服を下ろしても口を一文字に結んだまま。
髪型を変えたことすら気づかない。

所詮、男はそういうもの。
それでもいい。
誰が何と言おうとも。
私は彼が好きだから。…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年1月7日

作品情報

女心というものは、幾つになってもわからないもんです。いやはや、
ところで、“彼”とは一体誰のことなんでしょうね?

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

2

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する