完結

諏訪の大木のひとかけら

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2022年1月12日

諏訪の大木のひとかけら

第1章 大木、ありがとう

朝、寒くて起きられないでいた。
昨日は、ちょっと憂鬱なまま寝た。そりゃ、起きられるわけがない。

隣りで一緒に寝ていた、諏訪の大木でできた自分へのお土産の板が語って、こう諭してくれた。

成功者っていうのは、大きな大木なのよ。

大木が堂々と真っ直ぐ立つように、心もそのようにしてれば良いわ。

枝なんていっぱい伸ばす必要は、ないわ。
どっしりと大木のようになれば、自然と枝なんて生えてくるんだから。

愛でできた大木、情報でできた大木、知識でできた大木。世の中には、それぞれの成功者がいる。

私は布団から体を起こした。

もくじ (1章)

  • 第1章 大木、ありがとう 第1章 大木、ありがとう

    第1章 大木、ありがとう

    2022年1月12日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

2

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する