完結

雪だった

詩・俳句・短歌など

更新日:2022年1月14日

雪だった

第1章

ぬくもりを感じられるから
…そんな理由で冬が好きだと言えた私は

布団にくるまれたままの当然を
当然のまま
纏っていたのかと

気づく

 昨晩の雪が きっと残って居る

そう 雪。
だと呼べてしまう

誠実の詩に 奪われたはずの私が

何をそんなにおそれることがあるかと
そんなことさえ言い出しそうだ

はたして

違和感の正体は潔さであろうか
いいんだ、と 
それでいいんだ、と
赦せるやさしさであろうか

あるいはやはり汚れであるか 
汚れであろうか

得たのか 喪ったのか
それすら漠然の

 そういえばあの雪だるまは
 かろうじて己を保っているだろうか

また ふる きっと ふる

これも新しく知ったことだ
今日のところはかいてしまおう

一旦なくしてしまおう

だが
かいても かい…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年1月14日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

10

関連作品

このページの内容について報告する