完結

シンデレラ注射

恋愛

更新日:2022年1月18日

シンデレラ注射

第1章

 若葉色のシュシュで髪を束ねてる女性が、おとぎ病院へ入って行った。

「紀伊 きな子さん。診察室にどうぞ。」

私への診察室への案内が、病院内に響いた。

「先生、私シンデレラになりたいのですが。」

医師は、当たり前そうに私にこう告げた。

「なれますよ。ただし、シンデレラ注射を打たなければいけません。」

私は、戸惑いもあったが、どんとこいやの精神で打ってもらうことにした。しかし、何も起こらず。次の日副作用で高熱がでた。

スマホが鳴る。高熱の中、出ると高校時代の男友達、悠夜からの電話。コロナ時代に高熱がでているとも、シンデレラになりたくて注射を打ったともいえず、ただ、久しぶりの電話で会話を楽しんだ。

LINEが来て…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年1月18日

作品情報

シンデレラになるために、おとぎ病院へ行くと、、、。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

6

リアクション

19

関連作品

このページの内容について報告する