完結

傷つけられたことは、絶対に忘れない

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2019年7月10日

傷つけられたことは、絶対に忘れない

第1章


このところ毎日、復讐されている。


「ただいまー」
あーお腹がすいた。
そうだ、昨日コンビニで買っておいた、新作プリン食べなきゃ。

ニマニマしながら、冷蔵庫を開ける、

あーー。やられた!
私の大切なプリンは、一口を残して食べられていた。

寂しく、残った一口をスプーンですくう。


あの女!許すまじ。




おはよう!いってきまーす。
「イチカ!朝ごはんは?」
「遅れそうだからいい!朝練間に合わないから」
慌てて靴を履いて飛び出す。

きゃあーー!!ドン。ダン。ゴン。

「どしたのー?」

「あーだ。だ。大丈夫。いってきます」

イテテ。やりやがったな。

左右の靴の靴紐を結ぶとは!!

危ないじゃないか。あー肘が擦り剥けてるし。

あの女!許すま…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年7月10日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

4

読書時間

3分

コメント

18

リアクション

20

関連作品

このページの内容について報告する