完結

画匠

歴史

更新日:2022年1月25日

画匠

第1章 画匠

「こちらが先日お話しました『罪の女』でございます」
男は慎重な手付きで持参した絵を掲げた。
さっと前に立つ人々に緊張が走る。
絵を示す画商の目にもどこか思い詰めた光が宿った。
「素晴らしい!」
張り詰めた空気を破《わ》れ鐘《がね》のような声が打ち破った。
「今まで目にしたどのフェルメールよりも傑出している」
鉤十字の軍服を纏った客は縦にも横にも巨大な体を震わせて笑った。
周囲の部下たちも一心に絵に見入っている。
画商は安堵した風な笑顔で語った。
「閣下のような芸術を深く理解され評価する目をお持ちの方にこそ渡すべき絵だと信じて本日はお持ちしました」
肥ったヘリング元帥は鷹揚に顎の二重になった顔を頷かせる。
「このオ…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 画匠 第1章 画匠

    第1章 画匠

    2022年1月25日

作品情報

売ったものは真《まこと》か、偽《うそ》か。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

10

関連作品

このページの内容について報告する